レインウェアのお取り扱いについて

レインウェアは雨から身を守ってくれる有用なアイテムですが、保管方法などに気を遣わなければ、性能を最大限発揮することはできません。下記でレインウェアの正しい取り扱い方法をご紹介しますので、参考にご覧ください。

  • レインウェアの使用後
  • レインウェアの使用後
  • レインウェアを使用したら、しっかりと湿気を取り除いた上で、風通しの良い場所で陰干ししましょう。この際、直射日光が当たってしまうと、レインウェアの素材によっては裏のコーティング材が剥離してしまう恐れがあります。必ず日陰に干しましょう。
  • レインウェアの汚れを落とす場合
  • レインウェアの汚れを落とす場合
  • レインウェアが汚れてしまった場合には、薄めた中性洗剤で押し洗いをしてください。この際注意してほしいのは、“洗剤が残らないようにしっかりとすすぎ洗いを行う”ことです。レインウェアを長持ちさせるためにも、使用後に毎回洗うことをおすすめします。
  • 撥水性を回復させる方法
  • 撥水性を回復させる方法
  • レインウェアの撥水性は、着用回数を重ねるにつれて、どうしても低下してしまいます。そのような場合はまず“2”の方法で汚れを落とし、“1”の方法で陰干ししてから、ドライヤー、または当て布を敷いて中温でアイロンをかけてください。この方法で、撥水性は回復します。
  • レインウェアに小さなキズや破れが生じた場合
  • レインウェアに小さなキズや破れが生じた場合
  • どれだけ防水性や透湿性、撥水性が優れたレインウェアであっても、キズや破れが生じてしまっては性能が一気に落ちてしまいます。それを防ぐためにも、キズや破れが生じた場合は、各種リペアシートで補修しましょう。リペアシートはホームセンターなどで販売されておりますので、キズや破れの状態に応じて最適なものを選びましょう。
  • レインウェアを長期保管する場合
  • レインウェアを長期保管する場合
  • 長期保管する場合に一番気を付けなければいけないのが『カビ』です。カビの発生を抑えるためには、保管前にしっかりと汚れや湿気を取り除いておくことが重要です。また保管場所も、高温多湿は避け、風通しの良いところを選びましょう。